【子鉄必見】JR西日本の電車シールをもらう確率を上げる方法
事前エントリー受付中!楽天お買い物マラソン【4/14 20時から】

【子鉄必見】JR西日本の電車シールをもらう確率を上げる方法

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
子育て
スポンサーリンク

電車好きの子供にとって電車でのお出かけは一つのイベントですよね。

そんな楽しいイベントでJR西日本を利用すれば、さらに嬉しいサービスを受けられるかもしれないことをご存じでしょうか。

実はJR西日本では、
子供を対象に「運転士さんや車掌さんから直接、電車シールを配布する」嬉しいサービスを行っています。

そこで本記事では、JR西日本を利用して電車シールをもらうための方法ともらえる確率を上げるためにした方が良いことをお伝えします。

電車シールを貰うことができれば、子供とのおでかけが「より楽しい体験」になるかもしれません。

JR西日本を利用する際には、本記事を参考にして一度試してみましょう!

あくまでもJR西日本のサービスの一環であり、必ずもらえるわけではありません。
業務を妨げるような行為は絶対に避けていただくようお願いします。

スポンサーリンク

電車シールとはどんなもの?

電車シールコレクション

電車シール(ステッカー)とは、JR西日本がサービスの一環として作成・配布しているオリジナルシールのことです。

デフォルメされたJR西日本の電車やキャラクターなどが描かれているシールは、市場では出回らない非売品。

サイズは大きいものから小さいものまで複数種類あり、全部で何種類あるかは不明です。

 電車シール配布方法

電車シールは、運転士さんや車掌さんが持っているカバンからごそごそとポーチを取り出し、
一声かけて子供へ手渡ししてくれます。

ぱぱ
ぱぱ

憧れの職業の人とコミニュケーションが取れて息子は大興奮!

大きいものはひとつ、小さいものは複数枚のシールを一度にもらえることがあります。
また、ランダムに配布されるのでシールの種類を指定することは出来ません。

何度かもらった場合、「ダブり」が出てくることも有りますが、交換等は業務に支障をきたす恐れがあるので控えるようにしましょう!

電車シールをもらう確率を上げるおすすめの方法

そんな非売品の電車シールがどのようなシュチュエーションでもらえるか気になりますよね。

私の体験では「ターミナル駅(終着駅や路線乗換駅)」、「最後尾車付近」そして「電車好きアピール」を意識すると電車シールをもらえる確率を上げることができると思っています。

時間に余裕を持ってターミナル駅で待つ

まず、ターミナル駅では「運転士さんや車掌さんにスキマ時間ができる」「電車シール配布してくれる人と会う確率が上がる」ので時間に余裕を持ってホームで待っておくことをおすすめします。

ターミナル駅である終着駅や路線乗換駅は、運転士さんや車掌さんの入れ替わりが発生することが多い駅です。

これから乗車業務のある方は、乗車する電車が到着するまでの待ち時間。
降車される方は次の業務までの待機時間。

スキマ時間が狙い目

このような業務間のスキマ時間が発生している運転士さんや車掌さんに遭遇することで電車シールをもらう確率を高めることができます。

ターミナル駅を利用する際には、電車を数本見逃すぐらい時間に余裕を持って早目にホームへ行くようにしてみましょう。

最後尾車に乗るようにする

次に最後尾車付近に乗るようにする理由は、運転士さんより最後尾車に乗り込む車掌さんの方が子供に気付いてくれやすいからです。

運転士さんは、電車の操縦が主な業務。
車掌さんは、安全確保が主な業務。
⇒運転士と車掌の違いはこちら

つまり、業務の違いにより安全確保の一環としてホームにいる子供の姿にも気付いてくれやすい車掌さんがいる最後尾車の方が電車シールのもらえる確率を上げることができます。

ぼっちゃん
ぼっちゃん

運転士さんはよそ見できないからね!

最後尾車は出口や入り口から少し遠くなりますが、空いていることも多くゆっくりできるので大人的にもおすすめの場所です。

移動手段だけでない楽しみ方をしてみるのも

電車好きをアピールする

最後に最も重要かもしれないのが「電車好きをアピールする」ことです。

帽子やカバン・シャツなどに電車柄のものを身に着ける。

最後尾車で運転席や外の景色をかじりつくように覗き込む。

このような見た目や行動をとっている子供に電車シールを配っていました。

子供はお気に入りの電車グッズを身に着けて積極的にアピールしていきましょう!

ぼっちゃん
ぼっちゃん

ぼくの電車好きに気づいて欲しいな!

目立って使いやすい電車グッズ

リュック
帽子
シャツ

小ネタ:運転士と車掌の違い

電車好きの子供なら、運転士と車掌の違いも知っておきたいですよね。

実は、運転士と車掌は国家資格や仕事内容などで大きく異なります。
以下に主な役割の違いや特徴を簡潔にまとめてみました。

運転士
車掌
  • 「動力車操縦者運転免許」という国家資格を持っていて、列車の操縦をする人
  • 先頭の運転席で列車の速度や方向を制御
  • 車掌よりも社歴が長く年上なことが多い
  • 国家資格は必要なく、駅や列車内での安全確認や案内などを担当する人
  • 最後尾や中間の乗務員室で乗客のサービスやトラブル対応

鉄道運転士を目指すのであれば鉄道会社へ入社し、「動力車操縦者運転免許」の国家資格を取得しなければならない険しい道のりです。

鉄道会社への入社を目的とした専門学校があるので、これからを見越して資料請求してみるのもいいかもしれませんよ。

まとめ

本記事では、電車シールについてともらう確率を上げるおすすめの方法、そして運転士と車掌の違いを紹介しました。

本記事のポイント
  • JR西日本では、子供向けに配布しているオリジナルシールがある
  • シールを持っているのは、運転士さん・車掌さん
  • ターミナル駅の最後尾車付近で電車好きアピールすることでもらえる確率が高まる
  • 運行業務に支障をきたさない範囲で行っているサービス
  • 絶対にもらえるわけでない・ダブル可能性もある
電車シールが
欲しい!

幸運にもシールをもらうことができれば、形になる1つの思い出となること間違いなしです。

JR西日本を利用する際には、試してみてください。
よい子鉄ライフを楽しみましょう!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました